バストアップ・豊胸術(手術):バストサイズ

バストアップ・豊胸術(手術):イメージ画像

バストアップ・豊胸術(手術)とサイズ

外科手術を使って豊胸手術をする場合は、
大抵2から3サイズ程度大きくするのが一般的です。

1サイズほどアップさせたい場合は、ヒアルロン酸を注入することで
サイズアップできます。

ただし、この方法はヒアルロン酸が体内に吸収されるので永久的ではありません。

そのかわり、注射器でヒアルロン酸を入れるだけなので、
外科手術のようなリスクを考える必要がなく、比較的手軽にできます。

プロテーゼを使ったサイズアップの場合は、
自由に大きさを決められるのがメリットです。

形も一つでなく、いろいろと選ぶことができます。

ただし、あまりサイズを大きくしすぎると、自分の体つきに合わず、
不自然になることもあるので注意が必要です。

また、左右のバストにサイズ差がある人向けに、アシンメトリーバッグという、
左胸・右胸専用のプロテーゼもあります。

このプロテーゼは、普通のものと違い上下・左右があり、特徴的です。
もちろん、普通のプロテーゼ同様外に内容物が漏れることもなく、
安全性も問題ありません。

お薦め知識サイト

今すぐご覧ください。初公開です
Aカップから今のIカップまで
8カップもアップ!

たった1分!楽々簡単バストアップ

はっきり言って驚きです!!

住まい・暮し・医学 生活や家庭に役立つ知識情報

 

Copyright © 2006 豊胸術(手術)・美容外科(整形)ひと口メモ. All rights reserved