美容外科の理想のバスト

バストアップ・豊胸術(手術):イメージ画像

美容外科の理想のバスト

人それぞれ自分にとって理想のバストというものがあるでしょう。
それとは別に、美容外科が目指す理想のバストの定義も存在します。
その基準とは以下のとおりです。

・バストとヒップは同じサイズであること。
・胸は8~10cmの厚みがあり、外向きかつ上向きであること。
・乳首の間隔は顔の横幅と同じであること。
・乳首の位置は第4、第5肋骨の間にあること。
・乳首と乳首の調度真ん中からあごまでの長さがあごから頭の天辺までと同じ
長さであること。
・乳房は第3肋骨と第6肋骨の間に位置し、胸骨から乳首に向けて円錐形になっている。

そして、一番重要なのが、
鎖骨の中心と左右の乳首はほぼ正三角形の関係である。
という条件です。

お薦め知識サイト

今すぐご覧ください。初公開です
Aカップから今のIカップまで
8カップもアップ!

たった1分!楽々簡単バストアップ

はっきり言って驚きです!!

住まい・暮し・医学 生活や家庭に役立つ知識情報

 

Copyright © 2006 豊胸術(手術)・美容外科(整形)ひと口メモ. All rights reserved