豊胸術(手術):バストアップとは

バストアップ・豊胸術(手術):イメージ画像

豊胸術(手術):バストアップとは

一般的に美容外科に行って胸を大きくする方法は、3つあります。

・1つはバストにシリコン製バッグを挿入する方法。
・2つ目は自分の脂肪を注入する方法。
・3つ目はホルモン注射です。


1つめのバッグを挿入する方法は、現在最もポピュラーです。
サイズを2サイズ以上大きくするには現在一番確実な方法といわれています。

ただし、体にとって異物であるシリコン製バッグ(プロテーゼ)を挿入するので、
問題が起こった場合、かなり深刻になることもあります。

2つ目の脂肪注入は最近注目を浴び始めた方法で、
自分の脂肪を吸引してそれを胸に戻す方法です。
自分の気になる部分の贅肉を取ることができ、バストアップもできるので、
一石二鳥といわれますが、脂肪の定着率がそれほど高くないので、
それほどサイズアップできないといわれています。

最後のホルモン注射は、あまり一般的な方法ではありません。
女性ホルモンを投与することで胸を大きくしますが、
投与をやめたら効果がなくなってしまいます。

基本的に男性向けのもので、一般的な女性には向かない方法です。

お薦め知識サイト

今すぐご覧ください。初公開です
Aカップから今のIカップまで
8カップもアップ!

たった1分!楽々簡単バストアップ

はっきり言って驚きです!!

住まい・暮し・医学 生活や家庭に役立つ知識情報

 

Copyright © 2006 豊胸術(手術)・美容外科(整形)ひと口メモ. All rights reserved